「人間」の仕組み。『意志』と3つの機能『知覚』『感情』『感覚』

今回お伝えするのは、「人間」の仕組みです。
前回お伝えした、『意志』の仕組みが前提となりますので、あわせて読んでいただくと、理解が深まります。

『意志』と3つの機能。
『知覚』『感情』『感覚』

「人間」の場合は、生命体(生物)ですので、『意志』があって、さらに『知覚』『感情』『感覚』という3つの機能が備わっています。

それぞれの要素が独立しているわけではなく、
『意志』を真ん中にして、『知覚』『感情』『感覚』が動いているイメージです。

 

『知覚』


認識/識別/区別/洞察/論理立てる等を行うための機能。
「人間」の場合、思考回路(主に脳内の神経伝達)の状態が大きく関わっている。

 

『感情』


いわゆる喜怒哀楽。「嬉しい」「腹立たしい」「悲しい」「楽しい」など。
「人間」の場合、セロトニン、アドレナリン、ドーパミン等の神経伝達物質が大きく関わっている。

 

『感覚』


感知する機能。五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)など。
「人間」の場合、目、耳、鼻、舌、皮膚などを、センサーのように働かせて感じ取る。

 

『心身元氣楽』では、

『心』『意志』『知覚』『感情』『感覚』の動き/状態。
『身体』『心』を動かすための土台であり、容器のようなもの。

ととらえています。

 

「人間」には『身体』があるので、上の図のようなイメージになります。
『身体』の内部で、『意志』『知覚』『感情』『感覚』がつながっています。

 

『意志』によって
使い方/受け取り方が変わる

『知覚』『感情』『感覚』は、単なる機能/道具に過ぎません。『意志』によって、使い方/受け取り方が変わってきます。
『意志』に関しては、前回の記事で説明していますが、向かっていくエネルギー、方向性みたいなものです。

 

例えば、

『知覚』⇒同じものを見ても、「考え方」「意見」が違う
『感情』⇒同じ出来事があっても、喜ぶ人もいれば、悲しむ人もいる
『感覚』⇒同じ温度のお風呂に入っても、熱いと感じる人もいれば、丁度良い人もいる

といった感じで、それぞれ個別の反応があり、十人十色ではないでしょうか。

 

『知覚』「意見」(思い/考え方)の区別が少し難しいかもしれませんが、以下のような違いがあります。


「犬だ!」は、単なる認識であり、『知覚』

 


↑(犬を認識して)「可愛いな♪」は、
個別の「意見」『知覚』『意志』)です。

 

基本的には、
「こう思う」
「このくらい悲しい」
「こう感じる」
等は、個別の受け取り方が入っているので、『意志』が密接に関わっています。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、違いを分かっておくと、『自分』を観察する=『自覚』する能力がグンと上がります。

 

『想意』『本意』『神意』
それぞれから出る「声」の種類

『意志』との関係をもう少しお伝えしますと、
『想意』『本意』『神意』それぞれから出てくる「声」が違います。

 

ここで言う「声」というのは、『知覚』『感情』『感覚』として表われるメッセージのこと。

『想意』から出た「声」『建前』です。
『本意』から出た「声」『本音』です。
『神意』から出た「声」『直観』です。

 

 

必ずしも口に出る「声」とは限りません。
『知覚』して心の中で思う場合もありますし、
『感情』として湧きあがってくる場合もあれば、『感覚』として出てくる場合もあります。

 

『直観』の場合は少し特殊で、『神意』から届いたものを『魂』で受け取り、そこから、
『知覚』(閃き)
『感情』(魂の悦び)
『感覚』(第六感)
といった形で表れます。

 

『心身元氣楽』では、『直観』をフル活用することをオススメしていますが、
『直観』を磨く=『神意』の声を聞く力を養うことです。

 

まとめ。日常生活で実感しよう

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

『知覚』『感情』『感覚』という3つの機能がある
『心』『意志』『知覚』『感情』『感覚』の動き/状態
『身体』『心』を動かすための土台であり、容器のようなもの
『意志』によって、使い方/受け取り方が変わる
『想意』『本意』『神意』それぞれから出る「声」には種類がある

 

『知覚』『感情』『感覚』は、説明で納得するよりも、日常生活で実感すると分かりやすいです。

「これは、『知覚』だな」
「今、『感情』はどうなっているかな」
「もっと『感覚』を研ぎ澄ませるぞ」
という風に、観察してみると面白いです。

 

『知覚』『感情』『感覚』に関しては、まだまだ細かい応用技術や、組み合わせパターン、使いこなしテクニック等も存在しますので、また別の機会にお伝えしていきますね♪

 

次回は、「人間」を含むあらゆる「存在」の仕組みを解き明かしていきます。お楽しみに♪

 

今回も、最後までご購読いただき、ありがとうございます。
古代日本人の『叡智』に感謝☆★

公式ストア★厳選メニュー

Twitterでフォローしよう

厳選★メニュー&アイテム