【清浄塩】『出逢い』から『お別れ』まで。一連のオススメ作法

今回は、『清浄塩』(せいじょうえん)と良い関係を築いて、より「あなた」のために活躍していただく作法をご案内させていただきます。

 

※あくまで目安ですので、参考事例としてとらえていただければ幸いです。
必ずしも「こうしなければならない」ということはございません。『心身元氣楽』としてのオススメ作法になります。

 

詳しい説明に関しましては、以下のページに掲載しております。

     

    ※当サイトでは便宜上、『清浄塩』と呼ぶこともありますが、実際にご活用していただく際には、
    「さん」「ちゃん」「くん」を付けて、
    慈しみ(いつくしみ)を持って接すると、あなたのために喜んで活躍してくれることでしょう。
    呼ぶ時は、オリジナルの名前を付けていただいてもOKです。

    今回のご案内では、『清浄塩』さんで統一しますね。

    『清浄塩』さんとの、
    『出逢い』から『お別れ』まで

    ①あなたと『清浄塩』さんが
    運命の出逢いを果たす

    「人間」も、生まれた日や、生まれた環境で、一人ひとり「個性」が違うように、
    『物』も、一つ一つ違います。同じ種類でも、生まれた日や環境によって「個性」が違います。

    「あなた」に届いた『清浄塩』さんは、「あなた」と出逢うべくして出逢いました。
    まずは、その奇跡のような出逢いを祝福しましょう。

     

    ②『清浄塩』さんが
    「あなた」のために大活躍

    『清浄塩』さん「あなた」のために、あらゆるものを清浄します。
    ※様々な活用シーンにつきましては、別の記事でお伝えします。

     

    ③『清浄塩』さんがお役目を終える

    『清浄塩』さんにも体力の限界があります。
    「あなた」のために、一生懸命頑張って、お役目を終えます。
    ※交換の目安等に関しましては、また別の記事でお伝えしますのでご安心を。

     

    ④『清浄塩』さんに
    感謝の氣持ちを伝える

    「ありがとう♪」と感謝の氣持ちを伝えてあげると、『清浄塩』さんも、とても喜びますので、オススメです。

     

    ⑤また逢う日まで『お別れ』。
    水に流して自然に還そう

    『清浄塩』さんは、元々は『海』から生まれた自然のものですので、自然に還す(かえす)と、とても喜びます。台所や洗面台の水道から流して、自然に還してあげましょう。
    巡り巡って、また別の形で「あなた」と出逢うかもしれません。
    ※お風呂やシャワーで使う場合は、そのまま流れていきますので大丈夫です。

     

    「袋」さんは密封して使っていただくのがオススメ

    1袋500gですので、必要な『清浄塩』さんを外に出して、活躍させてあげて下さいね。

    「袋」さんに守られている間は、スタンバイしているイメージです。『清浄塩』さんは、高品質な状態を保つことができます。

    「袋」さんに関しましては、分別して「ごみ収集」にお願いしましょう。
    お役目を終えた後は、『清浄塩』さんと同様に、「ありがとう♪」と、
    感謝の氣持ちを伝えてあげると、とても喜ぶと思いますのでオススメです。

    『お別れ』のタイミングや「量」に関しまして

    『お別れ』「タイミング」「量」(一回で使う量)に関しましては、
    活躍の仕方によって、少し変わってきますので、以下の記事でご案内しております。

     

       

      今回の記事とあわせて読んでいただくと、より良い関係が築けると思いますので、
      是非チェックしてみてくださいね♪