『天命』に生きよ。「あなた」も「周り」も光り輝く道

『天命』という言葉を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

『心身元氣楽』で、一番お伝えしたい事は、
【一人一人が『天命』に輝いて生きること】
です。

 

『天命』に生きると、

●心の底、魂の奥から「よろこび」を感じて生きられる
●あなたにとって、本当に必要な人があらわれる
●必要なタイミングで、必要なコトが起こる
●無理に頑張らずに、まわりに応援されながら『夢』を叶えられる
●相性の合うベストパートナーにめぐり会える

といったことが起こってきます。

 

『天命』という言葉は、色んな人が色んな意味で使っていますが、
今回は、『心身元氣楽』でお伝えしている『天命』の意味について、解説していきたいと思います。

 

『天命』の意味について。
『心身元氣楽』での定義

『天命』に沿う
『天命』に従う
『天命』を果たす
『天命』を全うする

 

といった言葉がある通り、日本を含む東洋では、
「一人ひとりに、生まれてきた理由があり、天からお役目が与えられている」
と考えられてきました。

 

『天命』とは、「天から与えられたお役目」です。

『天命』
「天」が脚本&監督した、「あなた」らしく輝く壮大なドラマ

と言ってもいいでしょう。

 

「お役目」と聞くと、「仕事」(職業)を思い浮かべるかもしれませんが、
必ずしも「仕事」(職業)とは限りません
「お役目」は、生き方そのものだったり、人との関わり方、何かに取り組む姿勢を指します。

 

「大いなるもの」
=『総天』(そうてん)

ここで言う「天」というのは、「大いなるもの」のこと。全てを動かし、全体を『調和』している存在です。

 

「大宇宙の原理」「超自然」「神」「全(ぜん)」と解釈する人もいます。流派によって、呼び方や表現の違いはあれど、だいたいは同じものを指しています。

 

『心身元氣楽』では「大いなるもの」の事を、
『総天』(そうてん)と呼んでいます。
この世界の全てを『調和』して、指揮をしている「総監督」のような存在だからです。

 

見えないものですし、神がかっていて、ちょっぴり不思議なので、
「そんなの信じられない。怪しい。嘘でしょ!」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに「存在」しているものです。
※その根拠については、後の記事で、詳しく説明させていただきます。

 

『天命』に生きると、
『運』を味方にできる

「大いなるもの」『総天』(そうてん)は、

「あなた」らしい魅力で、ありのまま素直に生きる
「あなた」魅力を最大限に発揮して、周りも輝かせる

といったドラマ(人生)をオススメしています。
こういった生き方をすると、『総天』(そうてん)は全力で応援してくれます。

 


・・・とおっしゃっているとイメージして下さい。

 

『総天』(そうてん)は、この世界の全てを指揮をしている「総監督」なので、
「ヒト」「モノ」「コト」「トキ」「トコロ」・・・あらゆるものを使って、
「あなた」を全力で応援してくれます。

 

『総天』(そうてん)に応援されると、

●無理しなくても、勝手にチャンスが引き寄せられる
●向こうから良い人が寄ってきて、良い人間関係ができる
●ふとした『偶然』が重なって、どんどん良い方向に進む

といった感じで、追い風のようにスルスルと前に進んでいきます。

 

『天命』に生きるとこうなる!漫画で説明

①『天命』に沿うと、
『総天』に氣に入られる

 

②「あなた」のドラマに必要な
登場人物/環境等が用意される

 

③必要なタイミングで、
必要なものが目の前に現れる

 

「自分でつかみ取る」というよりも、「運ばれてくる」感覚です。
『運』とは、文字通り「運ばれる」こと。『運』の流れに乗ることができるのです。

 

『天命』を無視して生きるのも自由

とはいえ、人生をどう生きるのかは自由です。
必ずしも『天命』に沿って生きる必要はありません。
ただ、「大いなるもの」『総天』(そうてん)に応援されないだけの話です。

 

例えば、以下のような生き方を
選択しても構いません↓

 

 

 

・・・こういった生き方をしても構いませんが、
残念ながら『総天』(そうてん)からは応援されません。

 

『天命』に沿って『運』をも味方に付けるか、そうでないか。それは「あなた」自由です。

まとめ。「階段」か「エスカレーター」か

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

『天命』とは「天から与えられたお役目」
「大いなるもの」『総天』によって決められている
『天命』に生きると、『運』を味方にできる
『天命』に沿って生きるかどうかは自由

 

先ほども説明させていただきましたが、
『天命』に生きると、『運』の流れに乗ることができます。
イメージとしては、「エスカレーター」に乗っている感じですね。

 

次回は、「大いなるもの」『総天』(そうてん)の存在について、
科学的な方向からお伝えしていきます。お楽しみに♪

 

今回も、最後までご購読いただき、ありがとうございます。
古代日本人の『叡智』に感謝☆★

 

公式ストア★厳選メニュー

Twitterでフォローしよう

厳選★メニュー&アイテム