「人間」=「スマホ」?! 細胞生物学/量子力学的に解説

今回は、『心』『身体』の関係性や『氣』などについて、少し違った角度からお伝えしてみます。以下の記事の内容を、より「科学的」な視点から説明したものになります。
あわせてチェックしていただけると、理解が深まると思います。

「人間」と「スマホ」の仕組みは、同じ?!

『心身元氣楽』では、「人間」の仕組みをシンプルにとらえておりまして、
簡単に言いますと、「スマホ」のようなものだと考えています。

●スマホ本体=『身体』
●スマホの機能=『心』
というイメージです。

「人間」も「スマホ」も電気で動いている?!

「いやいや、人間とスマホは違うでしょ!」
とツッコミたくなるかもしれませんが、実は仕組みとしては似ています。
共通点は、電気信号で動いているということ。

「細胞生物学」等の学問では、すでに明らかになっていることなのですが、神経伝達物質と呼ばれる化学物質が、神経回路を通って、「電気信号」のように流れ、考えたり、感じたり、行動すると言われています。

 

もっと小さな単位「量子」で説明すると以下のようになります。
※量子は、粒子と波の性質をあわせ持つ、小さな物質/エネルギーの単位。「量子力学」と呼ばれる科学の理論です。

 

 

「原子核」のまわりを「電子」がクルクルまわって、電気的なエネルギーを発生させます。この「電子」の集まりが、神経回路を通っていくわけです。
「電気」が、電気コードを通っていくようなイメージですね。※「原子核」や「電子」は、「量子」の中の一種です。

 

『心身元氣楽』の仕組みに当てはめてみると、
●「電子」の集まり=『氣』
●神経回路=『八神領域』(はっしんりょういき)
となります。

 

「電気」=『氣』の流れを本来に戻すことが大切

「スマホの調子が悪いなあ・・・」
「サクサク動かないなあ」
「電波の受信が良くないなあ」
という時って、あなたならどうしますか?

 

一旦電源を入れ直してみたり、電波の良い場所でやり直したり、思い切って修理に出してみたりしませんか。つまり、「電気」=『氣』の流れを改善しているのです。

 

●①「スマホ本体」=『身体』の状態を良くする
●②「スマホの機能」=『心』を使う
という順番で、快適に使っているのではないでしょうか。

「スマホ本体」の動き/送受信が良くない状態で、アプリをインストールしまくったり、無理にLINEを送ろうとしても、あまり意味が無いですし、余計に動きが悪くなる可能性もありますよね。

 

「人間」も同じで、まずは『氣』の流れを整えましょう、ということです。
『氣』が流れる「場所」をシンプルにまとめたのが、『8つの元氣フィールド』です。以下の記事で詳しく説明しています。

 

まとめ。古代日本人の『叡智』は科学的に証明されつつある

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

「人間」「スマホ」「電気信号」で動いている。
「人間」「スマホ」「電気」=『氣』の流れを本来に戻すことが大切。

 

最先端の現代科学で明らかになったことを、古代人は何万年も前から使いこなしていたのです。特に、古代日本人は、普段から使う「言葉」としても残していることから、相当なレベルで使いこなしていたことが分かります。

 

次回は、『肚』(はら)についてお伝えします。
『身体』の中で、最も重要な部分と言っても過言ではありません。そのあたりを詳しく解説しますので、お楽しみに♪

今回も、最後までご購読いただき、ありがとうございます。
古代日本人の『叡智』に感謝☆★

 

氣に入ったらシェア♪

公式ストア★厳選メニュー

Twitterでフォローしよう

厳選★メニュー&アイテム