目に見えなくてもそばにある!「大いなるもの」=『総天』の存在

今回は、「大いなるもの」『総天』(そうてん)について、事例を交えながら、掘り下げて解説していきます。これを実感できるようになると、世界が少し違って見えますし、人生が面白くなってきます。

 

『総天』(そうてん)は、この世界の全てを指揮をしている「総監督」のようなもの。
「大宇宙の原理」「超自然」「神」「全(ぜん)」と解釈する人もいます。

 

以下の記事でも解説していますので、あわせて読んでいただくと、
理解が深まると思います↓

 

再確認しよう。私達の周りは
「見えない力」でいっぱい

 

「大いなるもの」『総天』(そうてん)の詳しい説明に入る前に、
私達の周りにある「見えない力」について、改めて実感していただきたいと思います。

 

「見えない力」は実感してるよ!大丈夫♪という方は、おさらい&再確認のつもりで、サラッと読んでいただければ幸いです。

 

何故、こんな話をするかと言いますと、
「見えない力」と聞くと、拒絶反応を起こして、
「怪しい」「嘘だ」「まゆつばモノだ」「トンデモだ」「うさんくさい」
と騒ぎ立てて、耳をふさぎ、完全シャットアウト、電源OFFにしてしまう方が多いからです。

 

その氣持ちも分からなくもないのですが、一旦落ち着いて冷静になって、今一度よ~く考えていただきたいのです。そして、実感していただきたいのです。
私達の周りは「見えない力」で、あふれているということを。

 

例えば、『重力』。見えますか?


アイザック・ニュートン博士が発見した「見えない力」です。

例えば、『磁力』。見えますか?


磁石が引きあったり、
反発したりする「見えない力」です。

 

このように、私達は「見えない力」に囲まれていますし、むしろ、
見えるものよりも、見えないものの方が多いのです。

 

『総天』(そうてん)は、
『調和』する「見えない力」

では、本題に入っていきます。
実は、宇宙もひっくるめた、世界全体を『調和』する「見えない力」があります。

 

ここで言う『調和』とは、
「バラバラのものを組み合わせ、上手く回す(動かす)」
という意味。

 

●バラバラの「歯車」を組み合わせて、「機械」を動かす。
●バラバラの「ピース」を組み合わせて、「パズル」を完成させる。

↑こういったことです。
これを大規模なスケールで『調和』しているのが、「大いなるもの」『総天』(そうてん)です。

 

 

「ヒト」「モノ」「コト」「トキ」「トコロ」・・・
この世に存在しているバラバラのものを上手く組み合わせて、
「世界」(宇宙全体)を作り、動かしているのです。

 

イメージしやすいように、いくつか事例をあげてみますね↓

 

●『調和』①:
「食物連鎖」の順番

例えば、「草」「バッタ」「カマキリ」…彼らは、春に生まれてきます。

先に、「草」が生えてきて、
次に、それをエサにする「バッタ」が生まれてきて、
次に、それをエサにする「カマキリ」が生まれてきます。

いわゆる「食物連鎖」というものですが、
「この順番(ルール)、誰が決めているの?」
と思ったことはないでしょうか。

「草」「バッタ」「カマキリ」が相談して決めたのでしょうか?
いいえ、そんなことは無いでしょう。

 

・・・みたいなやり取りをしているのは、
考えにくいです。

 

この「食物連鎖」の順番を決めている「存在」こそが、「大いなるもの」『総天』(そうてん)です。

 

この「食物連鎖」順番(ルール)が少しでも狂えば、全体の『調和』が乱れておかしくなり、生命は絶滅してしまいます。

 

※実際は、もっと複雑で色んな生物が関係していますが、ややこしくなるので、
あえてシンプルに説明しています。

 

 

●『調和』②:
「共存共栄」のバランス

「リス」「雑木林」の事例もご紹介しておきます。これも、「リス」「雑木林」が相談して、打ち合わせをしているわけではありません

 

『総天』(そうてん)によって、それぞれに役割が与えられ、上手く「共存共栄」できるよう、『調和』されています。

 

「木の実」が大好物の「リス」という動物がいますが、彼らは冬眠する前に、「木の実」を毎日せっせと貯め始めます。1ヶ所にまとめて埋めるのではなく、何ヶ所にも分けて埋めていくそうです。

 

ただ、多くの「リス」は、「木の実」を隠した場所を忘れてしまうそうです。
(中には全て覚えている賢いリスもいるかもしれませんが・・・)

充実した冬眠生活をするために、より多くの「木の実」を集めようと頑張るのですが、
毎日毎日、貯める⇒忘れるを繰り返します。

 

そして…結局、冬眠開始の当日に貯めた「木の実」で、ギリギリ冬を越すそうです。

これを毎年のように繰り返しているのが
「リス」です。

 

ここまで聞いて、
「リスさんのアホぉ(笑)。もっと記憶力付けようよ!克服しようよ」
と思ってしまうかもしれませんが、このままでいいのです。

 

この「リス」忘れん坊で、ちょっとマヌケお陰で、色んな場所に「木の実」が埋められ、
やがてそれが芽を出して木となり、「雑木林」になっているからです。

このようにして、上手く「共存共栄」し、『調和』されています。

 

●『調和』③:
「命」=「人体」の仕組み

現代科学の力では、ゼロから「命」を作ることはできません。
これも「大いなるもの」『総天』(そうてん)によるものです。

 

「人体」に目を向けて観察してみると、
無数の細胞臓器体液エネルギー(氣)が連携することで、
上手く『調和』して、健康な状態が成り立っていることが分かります。

 

「自分の体は、自分が動かしているのだ!」
と思ってしまいがちですが、決してそんなことはありません。
もちろん、「自分で動かす」こともできますが、それはほんの数パーセント。
ほとんどは、勝手に動いています。

 

「血液を流すぞ!」「心臓を動かすぞ!」
「食べ物を消化して栄養にして、不要なモノは排泄するぞ!」
といちいち考えて行動しなくても、勝手にやってくれています。
『調和』乱れると、「病気」という形でサインが出ます。

 

一部の臓器が機能しなくなった場合は、
それを補う力が働いて、全体が上手く回るように『調和』します。
「視覚」を失った人が、それを補う形で
「聴覚」発達するケースがありますが、正に『調和』によるものです。

 

 

このよくできた「仕組み」は、神がかっています。人間自体もまた、「小さな宇宙」と言えますね。
『総天』(そうてん)によって、上手く『調和』され、健康な状態が作られ、「命」が保たれているのです。

 

『天命』に生きる=
『調和』の力を活用する方法

前回の記事で、『天命』についてお伝えしましたが、
『天命』に生きる=『調和』の力を活用する方法
と言い換えることもできます。

 

「大いなるもの」『総天』(そうてん)に氣に入られる生き方をすると、『調和』の力が働くので、その恩恵で周りと上手くかみ合います。
ジグソーパズルが、カチッとハマるイメージです。

 

「自分」の力だけでなく、周りとの関係性で流れができるので、『運』が良くなっていくのです。

 

まとめ。「大いなるもの」=『総天』の力を観察しよう

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

●私達の周りは「見えない力」で溢れている
『総天』は、全てを『調和』する「見えない力」
「食物連鎖」「共存共栄」「命」『調和』されている
『天命』に生きる=『調和』の力を活用する方法

 

「大いなるもの」『総天』(そうてん)による、
全体を上手く『調和』する「見えない力」
日常生活に目を向けると、様々なところで発見できますね。

 

次回からは、『天命』に生きるための、
より踏み込んだ知識をお伝えしていきますので、お楽しみに♪

 

今回も、最後までご購読いただき、ありがとうございます。
古代日本人の『叡智』に感謝☆★

 

公式ストア★厳選メニュー

Twitterでフォローしよう

厳選★メニュー&アイテム